どうも 久しぶりのhankyu0414です。
今日でやっと中間試験が終わったので更新再開です。
さて
今回のネタはこちら
IMG_8077
先日日比谷公園で行われた鉄道フェスティバルで販売された鉄道コレクション阪急2300系です。
自分はテスト約1週間前にもかかわらず朝から出かけて行って6セット12両を購入。
IMG_8079
表示幕車のパッケージ。いつものようにかっこいい外観です。
IMG_8081
中身はこんな感じ。
先頭+中間のセット。
IMG_8083
非表示幕車のパッケージ。こっちのほうが好きかも。
IMG_8085
こちらは先頭+運転台撤去車の組み合わせ。
自分が作るのは1994年当時の京都本線2303Fです。
2303Fは当時嵐山線用の4連として組成されていましたが、一時期河原町方に3連を増結して本線でも運用に入っていたようです。
今回はそれを作るため非表示幕車8両と表示幕車4両を用意。
とりあえず7連を1本作り、冬に関西に行ったときまだ在庫があれば表示幕車をもう4両増備して現行の2321編成を作ろうかと。
IMG_8086
パンタ車はこのように付属の台を介して装着。
アンテナは製品付属のものはあまり形がよくないので、KATOの阪急6300系assyパーツから調達。
こっちのほうが断然見栄えがいいです。
IMG_8089
とりあえず2303Fの車両の分だけ取り付け。
今後の問題点としては
・艶のない車体塗装の改善
・パンタグラフ交換
・連結器交換
・Nゲージ化
・床下機器変更
です。
車体塗装はインレタなどすべて貼り終えてから光沢クリアーを吹くことである程度は改善されそう(`・ω・´)
パンタはGMのPT42を用意する予定。
連結器は中間は最近発表されたKATOの飯田線旧国用の新型カプラーを使おうかと(・ω・)
床下機器は松本商事の特製パーツを手に入れたのでそれを使うのですが手元にはたった2セットだけ(´・ω・`)
複製して使っていこうと思います。
前からほしかった車両だけに、しっかり手を入れていきたいと思います。
それではまた。